学生

勉強が好きになると評判|家庭教師ゴーイングで苦手意識をなくそう

深刻な医師不足

先生と生徒

医師不足国家

日本国内で、多くの人の役に立つための仕事をしたいと考えている若い人材は多く、多くの人が医師になることを目的に医学部予備校に通っています。しかし、日本は深刻な医師不足に悩まされており、先進国の中でも珍しいことだと言われています。日本の医師は、人口10万人に対して、154人と少なくOECD加盟国の中でも低いとされています。医師がたくさんいる都市部があれば、反対に医師の数が少なく、問題になっている地方など、アンバランスさが目立っています。

不足している原因

医学部予備校に通いながら、医師になるための勉強を行なう医学部予備校に通う学生は多いのですが、日本が医師不足になった原因は、政府が行ったとある製作が理由です。昔は1つの県に1つの医学大学を構想していたのですが、その結果、医学部入学定員数が激増し医師過剰状態を懸念した国が構想の取りやめを決定します。しかし、その結果医師不足が深刻化し人の生命を救うために欠かせない緊急医療を行なう体制が整わない自治体ができるなど、医師不足によっていくつかの問題が生じています。ただ、人の命を救いたいと感じている医学部進学を望んでいる若者は多く、医学部予備校などの学校に通いながら医学部進学を目指している人がたくさんいます。医学部に入ることは難しいと言われているのですが、医学部予備校などの教育機関の多くは、医学部に入学するために必要なサポートがしっかりと行われていますので安心して医学部を目指すことが可能です。